HOME > 古市忠夫のプロフィール

古市忠夫古市忠夫

古市忠夫

生年月日
1940年(昭和15年)年9月22日
出身地
神戸市長田区
出身校
1963(昭和38年) 立命館大学経済学部 卒業
球歴
1968年(昭和43年)
 神戸市長田区鷹取商店街で東洋カメラ経営
1979年(昭和54年)
 大神戸ゴルフ倶楽部入会
1994年(平成6年)
 関西アマ選手権 10位
1995年(平成7年)
 若松町11丁目自治会会長
1996年(平成8年)
 神戸市区画整理審議委員会副会長
1997年(平成9年)
 日本プロゴルフ協会シニア認定プロ合格
2000年(平成12年)
 日本プロゴルフ協会資格認定プロテスト合格
 日本プロゴルフ協会インストラクター資格取得

成績

2001年(平成13年) 新人戦 3位
日本シニアオープントーナメント 9位タイ
2002年(平成14年) 関西プロゴルフグランドシニア選手権大会 優勝
2003年(平成15年) 兵庫県オープンゴルフトーナメントシニア選手権 優勝
日本プロシニアトーナメント 6位タイ
2004年(平成16年) シニアツアーシード権を獲得
2005年(平成17年) シニアツアーシード権を獲得
日本プロゴルフグランドシニア 優勝
2006年(平成18年) 京都シニアプロアマチャリティーゴルフ大会 優勝
TSCプロシニア&チャリティーゴルフ2006 優勝
関西プロゴルフグランドシニア選手権大会 優勝
兵庫県オープンゴルフトーナメントメイショウ杯 シニア選手権 優勝
2009年(平成21年) 関西プロゴルフゴールドシニア選手権大会 優勝
2011年(平成23年) 日本プロゴルフゴールドシニア選手権大会 優勝
2013年(平成25年) 日本プロゴルフゴールドシニア選手権大会 ゴルフパートナーカップ 優勝


カメラ店兼住居を構えていた神戸市長田区鷹取商店街の一帯約7.5ヘクタールは、95年1月の阪神大震災で建物970棟のほぼ全てが焼失。古市も家族以外は全てを失った。しかし自宅から少し離れた駐車場で被災を免れた車のトランクに、ゴルフバッグだけが無傷で残った。その時古市は、「『お前はこれで食っていけ』と言われたように一瞬感じた」という。

時に54歳、ゴルフが得意のおっちゃんであった。プロを目指すには無謀な年齢であったし、震災直後のほとんどの時間は、地元消防団の副分団長や町会長として街の復旧に費やしていた。それでも挑戦した。そして59歳と11ヶ月の00年、日本プロゴルフ協会(PGA)資格認定プロテストに史上2番目の年齢で合格。この足跡は「にんげんドキュメント」(NHK)でも放送され大きな反響を呼んだ。

また、この軌跡の道のりを描いた、古市忠夫物語「還暦ルーキー」(平山讓著、講談社)が2006年映画化された。映画のタイトルは「ありがとう」


その他の活動

テレビ出演 テレビ大阪  「ゴルフ魂の法則」
NHK Eテレ  「チャレンジ!ホビー」
講演タイトル 「震災後の日々の体験」
「頑張れる事への感謝」
執筆関係 「60歳からのティーショット」
「ゴルフは心の格闘技」
「飛ばしを諦めたらアカン!」
「ありがとうのゴルフ」
※「還暦ルーキー」平山讓 著
※「ありがとう」平山讓 著
※「還暦ルーキー逃げたらあかん」原作:平山讓 漫画:石川サブロウ
※「還暦ルーキー ありがとう」原作:平山讓 漫画:石川サブロウ
(※古市忠夫がモデルとなっている作品)
「もう一度立ち上がり、前を向くために、伝えておきたい」→詳細はこちら
その他 DVD 「シニアになってなお飛ばす3人の方法 a」
映画 「ありがとう」(赤井英和氏主演)の実在モデル